韓国の求人

海外求人サイトランキング TOP >> 国・地域別の海外求人情報 >> 韓国の求人

韓国の求人

2004年頃に冬のソナタブームが起こってから、日本では韓流ブームが起こり、お隣り韓国への関心が高い状況にあります。依然として、政治の面では、様々な問題が山積みの両国ですが、そういったことを気にせず、韓国という国興味を持ち、海外転職を希望されている日本人も非常に多くなっているのです。

韓国での海外求人を探す前に、まず覚えておいて欲しいことは、韓国という国の仕事に対する考え方です。どういった職種であっても、転職をすることが当たり前であり、ライク・ア・ローリング・ストーンといったように、転職をすればするほどに、キャリアや条件が上がるという風に考えているのが、韓国の労働事情なのです。ですから、定着率というものを考えた場合、1つの企業の中で腰を据えるという考えは、まったく持っていないという特徴を持っているのです。

せっかく採用をしても、国内で定着してくれる人間が少ないことから、常に求人募集をかけているような状況であるという特徴があるのです。それも企業に所属している期間は1年未満といった人間も多く、労働者の30パーセントを占めているというのも問題なのです。韓国における日本人の海外転職は、厳しい状況ではありますが、その職種の業務経験と、定着率の高さというものをアピールすることによって、転職成功に導ける可能性は十分にあり得ると言えるでしょう。

韓国国内の企業の特色を見てみると、サムソンやLGといったような、大企業が多く、中小企業は淘汰されているような状況です。このような大企業に、政府が様々な負担や援助をして、国内全体で産業を盛り上げ、世界的な大企業を作るというような姿勢が見られます。日本国内で例を上げると、誰もが知っている有名企業しか転職先がないというような状況になります。想像してもらえば分かる通り、こういった大企業への転職は、正直選ばれた人間しか入職することが出来ないという特徴がありますからね。つまりは、相当に誇れる実績やスキルや知識がない限り、転職を成功させることは難しい国とも言えるのです。

ですから、韓国国内の企業を海外転職の希望先とするよりも、韓国国内に進出している日本企業を狙ったり、その他の国から進出している外国企業をターゲットにする方が、採用される確率は非常に高くなってきます。大企業に入職出来るほどの自信や、それを裏付ける実績などがない場合、韓国への海外転職は、考えた方がいいかもしれませんね。

韓国の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 海外求人サイトランキング【※海外で働きたい方必見のサイト】 All Rights Reserved.