スイスの求人

海外求人サイトランキング TOP >> 国・地域別の海外求人情報 >> スイスの求人

スイスの求人

スイスへの海外転職は、厳しい状況にあります。一部の職種では、何気にすんなりと転職を成功させることが出来るものもありますが、それ以外の職種での海外転職は、非常に厳しいというのが現実なのです。スイスへの海外転職の方法は、スイス人と結婚をしている方や日系企業、もしくは外資系企業などでスイスに本社や支社があるような場合に限られると言っても過言ではないのです。

一部の職種というのは、例えば日本食レストランの板前さんであったり、寿司職人というような日本食の飲食関連の職種です。他には日本人観光客向けの旅行会社や観光業というようなものになります。こういった職種以外の仕事であれば、上記のような条件に該当していない限り、なかなかに難しい状況にあると言えるのです。チャンスがあるとするならば、国連関係の仕事くらいというのが現実です。

スイス国内においては、スイス特有の採用基準というものがあり、そこには明確な優先順位というものが決まっているのです。まずはスイス人であること、もしくは、スイスに在住している外国人であり、就労ビザを有している人間が一番優先的に採用されることになります。次いでEUエリアのパスポートを持っている人間。3番目は、アメリカやオーストラリアなど、スイス人を受け入れた歴史のある国の人間であること。最後がその他です。これを見ていくと、日本で生まれ、日本で育ち、スイスへの海外転職を考えている人間というのは、優先順位の最後であるその他に分類されるわけです。

つまりこれはどういうことかといえば、いくらスペイン語に長けていたり、TOEICテストで高いスコアを獲得していた所で、就労ビザというものが下りないということを意味しているのです。前述にあるように、日本人向けの観光業や寿司職人といった日本人でなければならないというようなものでない限り、ビザを取得することが出来ないため、スイスへの海外転職は困難を極めるのです。

例えば、日本語を話せる通訳や翻訳などの職種で人材募集が掛かっていた場合、日本に在住している日本人とスイスに結婚などで在住している日本人であれば、完全に後者を選ぶことになるということです。これは前述の優先順位にも関係していますが、スイス人というものを知っていたり、スイスの文化や生活習慣などを把握しているという所も大きな理由になっているのです。特殊な職種でもない限り、スイスという国は、外国人をあまり受け入れない閉鎖的な姿勢を保っている国といえるのです。

スイスの求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 海外求人サイトランキング【※海外で働きたい方必見のサイト】 All Rights Reserved.