海外勤務の求人の面接対策は?

海外求人サイトランキング TOP >> 海外求人の基礎知識とFAQ >> 海外勤務の求人の面接対策は?

海外勤務の求人の面接対策は?

国内の転職でも、必ず行われるのが面接試験です。当然に海外転職を考えている場合でも、面接試験は存在しますし、必ず行われるものの一つになります。日本国内でも、職種別であったり、大手なのかベンチャーなのか中小企業なのかの違いによって、面接対策は変わってきます。海外勤務を目指しているのであれば、海外の企業特有の面接対策を身につけておく必要があるでしょう。

まず海外の企業の場合には、日本国内の面接と前提条件というものが違っているということを覚えておきましょう。まず面接を行う人間ですが、人事担当者というような日本国内のスタイルとは違い、チームのマネージャープラス、チームのメンバーが同席して行うというのが一般的です。それでは海外の人事は何をするのかというと、入社が決定した人材の入社手続き等に携わることになります。

採用の決定というものは、人事担当者であったり、募集をかけている部署の責任者などを交えて行うことが日本では多いですし、場合によっては、人事に丸投げしているような所もありますよね。しかしながら、海外の場合には、面接を担当したチームマネージャーが採用を決定します。こういった違いというものをしっかりと覚えておけば、海外転職における面接試験の重要さが分かることでしょう。実際に採用の合否を決める人間が面接を担当することになるのですから。

海外転職の面接で出てくるスタンダードな質問としては、1週間の仕事の進め方を教えて下さいといったものです。例えば、国内で月曜から金曜までの週5日間働いているとすれば、その5日間の間にどのように仕事を進めていくのかを問われるのです。国内の面接試験では、出てこない質問になりますね。他にも、週単位であったり、日単位での労働時間を問われることもスタンダードですね。日本人の感覚としては、サービス残業も厭わず働いているというのが、個人よりも会社を優先する優秀な会社員という感覚があるかもしれませんが、海外の場合だと、自分のスケジュール管理が出来ていないとか、仕事の進め方に難がある人間なのでは?と思われてしまい、マイナスイメージが持たれる傾向が強いのです。

他にも日本国内ではタブーだとされている希望する給与額などの条件面についての質問もされることになります。これに付随して、初めて社会に出てもらった初任給から、直近の前職でどのくらいの報酬を得ていたのかという質問をされることもありますから、面食らわないように注意しましょう。他にも、沢山の違いがありますから、転職支援サービスサイトなどを上手に使い、面接対策を講じるべきでしょう。

海外の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 海外求人サイトランキング【※海外で働きたい方必見のサイト】 All Rights Reserved.