語学力はどれくらい必要?

海外求人サイトランキング TOP >> 海外求人の基礎知識とFAQ >> 語学力はどれくらい必要?

語学力はどれくらい必要?

海外で働き、活躍をするために必要なのは、募集職種のスキルは当然のことですが、前提になってくるのは語学力というものではないでしょうか。自分の語学力がどの程度に評価されているのか。また海外転職に通用するようなレベルにあるのかどうかは、気になっていることでしょう。海外転職で求められる語学力というのは、どの程度に必要なのかを紹介していきましょう。

語学力レベルは、大きく分けて読解レベル、日常会話レベル、ビジネスレベルという風に大きく3段階に分けることが出来ます。読解レベルはもっとも語学力が低いものであり、TOEICでいうところの500点未満レベル。簡単な電話対応であったり、メールでのやり取りや仕様書や企画書などの文面などであれば、理解することが出来るという程度の語学力になります。会話をするとなると、ちょっと難があるものの、文書や書面でのやり取りであれば、問題なく対応することが出来るというものですね。これは企画職や事務職、メンバークラスのエンジニア職であれば、海外でも十分に通用するレベルだと言われています。

次に日常会話レベルです。これはTOEICの500点以上700点未満というレベルですね。海外で営業職を行っていきたいとか、人事部門や財務部門、エンジニア職では、マネージャークラスの求人で採用されたいのであれば、このレベルの語学力が必要だとされています。当然に仕事を円滑に進めていくためには、上司や部下はもちろん、顧客との外国語でのコミュニケーションが必須になります。語学力がこのレベルでも、職種経験であったり、業界に精通しているなどの他の強みというものがあれば、採用されるケースは十分にあり得ます。

最後にビジネスレベルです。TOEICでは800点以上のスコアになります。海外の営業職でのマネージャークラス。ビジネスプロデューサーやコンサルタントなど、こういった職種での海外転職を目指すのであれば、ビジネスクラスの語学力がないと、採用されることは難しいと言えるでしょう。これらの立場の場合には、多くの人間や業務というものをまとめていく必要が出てきます。当然に1カ国語だけではなく、そこで働く様々な人間とある程度にコミュニケーションを取れるくらいの語学力は必要になってきます。

ディスカッションが出来るレベルの語学力と企画書などの作成を行えること。そのほかにも、実務経験が高いレベルであり、均衡能力を有している人材である必要も出てきますから、しっかりと把握しておきましょう。

海外の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 海外求人サイトランキング【※海外で働きたい方必見のサイト】 All Rights Reserved.