日本語教師の求人

海外求人サイトランキング TOP >> 職種別の海外求人情報 >> 日本語教師の求人

日本語教師の求人

海外転職のスタンダード職種としていられているのが、日本語スクールの講師を始めとする日本語教師の仕事です。何気にビザも取得しやすく、基本的に日本語を学ぼうとしている人間を相手にするわけですから、日本のことに興味や関心を抱いている人間を相手にするため、コミュニケーションは取りやすい職種とも言えるでしょう。

日本語教師の仕事は、どこの国でもある程度に需要が高いと言えるでしょう。日本と古くからの交流があるような国や、日本企業が多く存在しているような国や都市であればあるほどに、需要は高くなる傾向が強くなるといえるのです。どんな人間が日本語教師に向いているのかというと、何かを教えるということが好きであるということ。そして、世話好きであったり、サービス精神というものが旺盛である人と言えるでしょう。

そして何よりも、生徒の心を知っている人間でしょうね。これは、外国語を独学であれ、スクールに行ってであれ、勉強をした経験があれば、十分に満たすことが出来る条件と言えるでしょう。また、言語だけではなく、ハイクラスな教室を任された場合には、日本の伝統文化のことについてや、日本の政治や時事的なことを質問される機会も多くなりますから、基本的に日本のことのも興味や関心を持っているということが前提になります。

また必須条件などに明記されていることはほとんどありませんが、日本語教師として海外で転職を成功させるためには、日本国内で社会人としての経験を積んでいることに越したことはないと言われています。なぜならば、外国で日本語を学ぼうとしているような志の高い人間というのは、基本的に仕事の際に利用するため日本語を覚えようとしていることが多いからなのです。普段の会話とビジネス上で使う日本語とでは、まったく違っていることも多く、近年では同じ日本人ですら若者はまともなビジネス会話をすることが出来ない様子が見られます。

仕事で使う実践的な日本語を教えて欲しいとスクールなどに通っているわけですから、教える側が社会人経験があり、日本の会社員としての会話の仕方や言葉の選び方、仕事に対する姿勢や、社会常識やモラルなどを教えてあげられるというのは、教師としての高い評価につながることになるのです。そのためには、自身が会社員というものを経験し、ビジネスマンとしての様々な経験を有しているということは、大事な条件といえるのではないでしょうか。

海外の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 海外求人サイトランキング【※海外で働きたい方必見のサイト】 All Rights Reserved.