自動車整備の求人

海外求人サイトランキング TOP >> 職種別の海外求人情報 >> 自動車整備の求人

自動車整備の求人

海外転職が難しいとされるヨーロッパ諸国や、アメリカへの海外転職で、最もアドバンテージを持っていると言ってもいいくらいに、腕があれば海外転職の成功率が高い職種が、自動車整備士という職種です。自動車大国とされているアメリカでは、現在熟練の整備士不足が叫ばれており、外国人の手も借りたいというような状況にあるのです。

近年先進国で流通している自動車の多くはハイテク車であり、ラップトップのパソコンを片手に制御関連の整備をするようなことは出来ても、ハード面というか自動車本体を整備することが出来る整備士のなり手というものが少なくなっているというのが現状なのです。このため日本における自動車整備士2級程度の腕があれば、先進諸国への海外転職はもちろん、発展途上国でも整備士として多くの求人と巡り会うことが可能なのです。

ただし、ほとんど全ての整備を自分一人でこなすことが出来ない限りは、転職をすることは難しいと言えるでしょう。海外のほとんどは、先進国であれ、発展途上国であれ、日本的に整備のほとんどは、自動車の所有者が行うということが前提になっています。つまり、自動車整備工に車の修理や整備を依頼した時点で、深刻な状況担っているケースがほとんどなのです。ですから、日本で持ち込まれるような簡単な修理を任されるというケースはほとんどないと考えてください。

前提となってくるのは語学力と高い整備の技術力。車に関する様々な知識と言われています。その国で生活をしていくことが前提になってきますから、語学力が低いではお話になりません。高い整備の技術力は、日本国内での経験が大事になってくることでしょう。海外転職の際に、その国によっては、整備士資格が必要になってくる国もあれば、必要のない国もありますから、それをしっかりと事前に確認しておきましょう。必要ならば、資格取得をしないと、整備士の仕事にありつくことは出来ませんからね。

また海外の修理は、日本ではそこまでしなくてもと思えるようなレベルでも、基本的には車をバラして行うことが一般的です。また過走行車や低年式の古い車両がメインになりますから、これらの車両に関しての対処方法を常に勉強しておくことも、大事な要素になってくることでしょう。とはいえ、他の職種と比べると海外転職のハードルが低く、日本とは違い収入は国によっても当然違いますが、良い待遇である所がほとんどですから、何気に狙い目の海外転職案件だといえるでしょうね。

海外の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 海外求人サイトランキング【※海外で働きたい方必見のサイト】 All Rights Reserved.