保育士・幼稚園教諭の求人

海外求人サイトランキング TOP >> 職種別の海外求人情報 >> 保育士・幼稚園教諭の求人

保育士・幼稚園教諭の求人

海外転職の求人の中で、意外にも目立っているのが、保育園や幼稚園の教諭といった海外求人なのです。クラス担任の求人はもちろん、副園長候補などのポジションが高いような求人や、まだ保育士などの資格を取得している最中というようなインターンの求人まで、海外の各国で様々な求人を見つけることが出来るのも保育士や幼稚園教諭の仕事なのです。

こういった仕事で海外転職をしたいと思う場合には、やはり語学力は必須条件になると言えるでしょう。特に英語力は必須項目になってくるのは当然だと思っておきましょう。TOEICスコアでいうと、850点程度を目安にしておきましょう。幼児相手とは言え、子供達の言語能力の礎を築く時期のコミュニケーションになりますから、語学力に難があると判断された場合には、やはり採用されることは難しいと言えるでしょう。

海外の場合、日本とは考え方が違っているところが多く、0歳児から6歳児までの乳児や幼児期の教育というものは、かなり重要視されている傾向が強いのです。日本であれば、受験の時期に関わる中学生や高校生などの時期の教師が重要視される傾向があり、給与に関しても、もっとも稼いでいるのは大学教授というのが一般的でしょう。しかしながら、海外の場合、乳児や幼児の教育に重きを置いている所が多いため、何気に給与面やその他の条件面が日本よりも優遇されている所が多く見られているのです。

他にも海外留学や生活の経験というものが重要視されるケースもよく見られます。海外転職をするということは、海外での生活をすることを意味します。これまでの生活とは、まったく違った生活習慣の中で、暮らしていくことが前提になりますし、まったく違った文化や人種の中で生きていかなければならないということは、かなりのストレスを抱えることになるのです。保育士や幼稚園の教諭は、小さな子供達を相手にして、教育をしていく立場にありますから、自分の生活に余裕がなく、いっぱいいっぱいになってしまうことが予測される海外生活が初体験というような方の場合、やはり敬遠されるケースが多くなってしまうのです。

日本とは違った待遇面や、学歴や海外留学の経験の有無などの条件面など、海外転職を目指す前に確認しておくべきことは沢山に存在します。個人レベルでの求人検索でも、比較的に探しやすいとされる保育園、幼稚園教諭の求人ですが、事前の情報収集も兼ねて、海外転職専門の転職支援サービスサイトを利用するということは、良質な選択になると言えるでしょう。

海外の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 海外求人サイトランキング【※海外で働きたい方必見のサイト】 All Rights Reserved.