CPA(米国公認会計士)の求人

海外求人サイトランキング TOP >> 職種別の海外求人情報 >> CPA(米国公認会計士)の求人

CPA(米国公認会計士)の求人

近年海外転職を目指す方が職種として選択をしているのが、CPAというものです。CPAとは、簡単に言えば、アメリカの公認会計士のことを言っています。CPAの中でも、アメリカを強調するような場合にはUSCPAとも呼ばれていますが、アメリカ国内における会計関連の資格の中では、最も取得が難しいとされている資格になっています。

海外転職を目指す際、なぜ日本人がこのCPAの取得を目指し、CPAとして転職を希望しているのかというと、日本の公認会計士と比較した場合、その難易度は低いということが言われており、資格取得までに掛かる年数が、他の海外で有効な資格と比較しても、早く取得することが出来るからだと言われています。CPAの場合、資格取得までに1年〜2年が目安だとされていますから、同じアメリカで働きたい場合の看護師や医師などの資格取得時間と比較しても、かなり早く取得を出来るというメリットがあるのです。

また実際にアメリカでCPAの資格を利用して、働くということを考えていない人間の間でも、会計士としての知識やスキル、それと同時に英語力を高めることが出来るものとして、資格取得を目指している日本人は非常に増えているという状況にあるようです。一般的には、金銭的な負担が高いものの、資格学校等の講座などを利用するという方法を選択している状況です。既に高い会計士としての知識を有している上、高い英語力というものを有している方であれば、独学で資格取得を目指している方も見られています。

実際にアメリカへ海外転職をして、CPAのライセンスを取得し、バリバリと活躍するためには、試験を合格しているということは最低条件で、それにプラスして、実務経験が重要視されることも当然に予測されます。ただ、海外転職ではなく、CPAの資格を利用して、独立開業するといった場合や、監査業務というジャンルであれば、CPAの資格を取得しているだけでも、十分に通用すると言われています。それほどにアメリカ国内において、CPAという資格は高く評価をされていて、この資格を有していれば、社会的信頼を獲得することが出来るということになるのです。

CPAの資格を取得していれば、特にアメリカ国内においては、求人を探すことにストレスを感じることはないでしょう。CPAの資格を取得していないのであれば、まずは試験を受け資格取得を目指しましょう。受験要件に関しては、受験をする州によって指定されている条件が違っていますから、事前に調査をしておく必要がありますね。

海外の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 海外求人サイトランキング【※海外で働きたい方必見のサイト】 All Rights Reserved.