クリエイティブの求人

海外求人サイトランキング TOP >> 職種別の海外求人情報 >> クリエイティブの求人

クリエイティブの求人

国内でも学歴や資格などに左右されない職種として、若い世代を中心に人気がある業界がクリエイティブ業界でしょう。クリエイティブ業界の特徴は、実績こそが全てという所ではないでしょうか。どういったものを、作り上げてきたのか、これに尽きます。ですから、過去の作品を集めたポートフォリオを作成しておくことは、国内であれ、海外であれ、転職の為には最低限に必要になってくると言えるのです。

クリエイティブ業界とひとまとめにしてしまいましたが、海外求人で良く見られるものと言えば、グラフィックデザイナー、フリーペーパーやファッション誌などの編集、WEBや紙面などでのライター業務、新聞や雑誌の記者、空間デザイナーなどが見られます。この中でもポートフォリオを大量にストックして置くと、スムーズに転職活動を進めていくことが出来る職種はグラフィックデザイナーでしょう。

グラフィックデザイナーの場合は、作品こそが全てですよね。ですから、実際にグラフィックデザイナーとしての実務経験がなかったとしても、自分で作った作品をポートフォリオとして大量にストックしておけば、どういったスキルがあるのかという指針になります。業界経験がゼロの状況であっても、おメガネにかかれば、アメリカでハリウッド映画のCG担当者になれるなんてことも夢ではないのです。

編集や雑誌などのライターや記者という場合には、日本の雑誌を自分の作品として持ち込んだとしても、あまり参考にはされません。なぜならば、海外の新聞などを見てもらえば分かる通り、日本の新聞と海外の新聞では、レイアウトから何からが違っているという違いがあるからなのです。日本の新聞や雑誌は基本的には縦書がベースです。それと比べて海外の新聞や雑誌は、横書きがベースになってきます。アラブ系の国々の場合であれば、横書きに加えて、文字の方向も右から左へと書くことになりますから、まったく違ってくるわけです。この違いがありますから、日本で行った業務実績は、参考にはならないのです。

また日本語でのライティングと、英語でのライティングの表現方法の違いというものも、当然にあるわけですから、かなりの語学力と、その国の文化というものを把握していない限り、転職をすることはなかなかに難しいと言わざるを得ませんね。自分が目指すクリエイティブ業界でのどういった職種に就くかによって、求められるものは、全く違ってきます。ここで挙げた職種でいえば、グラフィックデザイナー以外の職種では、言語はもちろんのこと、文化や生活習慣、文章やその国独特のデザインなど、様々な分野での高い知識を有しているということが前提になってくることでしょう。

海外の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 海外求人サイトランキング【※海外で働きたい方必見のサイト】 All Rights Reserved.