ポストドクター・研究職の求人

海外求人サイトランキング TOP >> 職種別の海外求人情報 >> ポストドクター・研究職の求人

ポストドクター・研究職の求人

ポストドクター・研究職での海外転職事情はどのようになっているのでしょうか。ポストドクターはポスドクなどと言われ、将来は大学教授のような職種に配置されることを期待してその地位に甘んじているような職種になります。ポストドクターは日本では急増しているわけですが、それは日本人の高齢化によって、教授職などに配置されている人間が、現役を長く続ける傾向が見られ、なかなかにそのポジションを譲らないからとも言われています。

ポスドク・研究職の主な就業先は、大学になることでしょう。日本のポスドクの場合には、デメリットとして、経済的に厳しいということを挙げていることが多いものです。同年代の人間が社会に出て、仕事をし、バリバリと働いて給与アップをしているのを傍らに、自分は薄給のままに研究に没頭しなければならないという状況に陥ります。日本国内の場合であれば、やはりそのプレッシャーに負け、将来性というものを考えて、一般企業などに転職をするのがスタンダードです。

海外のポスドクの場合、大学に在籍していても、確かに薄給ではあるものの、最低レベルで月給20万円ほどの収入があるというのが一般的です。この程度の収入があれば、なんとかやっていくことは可能だと言えるレベルでしょう。それに何よりも、自分が研究をしたい分野において、最先端のことを行なっている国に採用されることになれば、その道での将来は随分と明るくなることでしょう。

海外でポストドクターになる方法はいくつか存在します。行きたいラボなどがある場合には、そこのボスに交渉をするという方法です。ボスがある程度に金銭に余裕のある人間であれば、当然に給与も期待することが出来ます。これには完全にコネクションが必要であり、理系出身の人間が苦手だとされているコミュニケーションを日々に大事にしていかなければ、なかなかに難しい方法とも言えるでしょう。

次に海外学振を取得することです。これは博士の段階である程度に業績を残しておく必要があり、競争率ははっきりいって高いです。フェローシップを持っているポスドクを断るようなことはまずあり得ませんから、何気に一番賢い方法とも言えるでしょう。また学術振興会からは520万円が2年間支給されることになりますし、年高の世の中であれば、十分にリッチな生活をしていくことも出来るわけです。このようにポストドクターや研究職で海外転職をする方法は、様々にありますから、海外転職に特化している転職支援サービスサイトを利用して相談をしてみましょう。

海外の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 海外求人サイトランキング【※海外で働きたい方必見のサイト】 All Rights Reserved.