税理士の求人

海外求人サイトランキング TOP >> 職種別の海外求人情報 >> 税理士の求人

税理士の求人

税理士という仕事で海外転職を目指しているという方は、何気にその道は険しいと言わざるを得ないでしょう。唯一あるとすれば、日本企業のお抱え税理士として、海外支社に駐在するというようなケースが唯一の海外転職の方法と言っても過言ではないでしょう。これは海外の現地法人のほとんどが、税理士というものではなく、公認会計士を利用していることがほとんどだからなのです。

海外では日本のように税理士というものの地位は確立していないところが多く、国によっては制度すら存在しない国もあるくらいなのです。海外転職するならば、公認会計士を企業側は必要としていると言われていますから、まずそれを覚えておきましょう。税理士という職種は、いわば個人事業者や自営業者などの決算代行を行う仕事になります。日本国内の現状を見ても、会計ソフトの流通から、もはや税理士を雇うこれらの業者は少なくなっており、現実問題として、税理士一本で食べていけるような人間は、ごく一握りとなっているのが現状なのです。

また一番大きいのは、それぞれの国によって、日本とは異なる税法や商法、会計法というものが存在しています。つまり、日本国内で税理士という資格を取得したからといって、海外でその資格が重宝されるということは、まずあり得ないと考えておきましょう。もしも現在税理士事務所と税理士として働いているのであれば、今のうちから海外に出店をしている個人商店などとコネクションを積み、独立時にその商店にお抱えしてもらうという方法が一番海外転職には近い道といえるのではないでしょうか。

とは言うものの、実際に海外進出をする際に、税理士を利用する企業はほぼゼロに近いといえるでしょうね。なぜならば、海外では東南アジアの一部を除き、税理士というものの存在自体を把握している所が少ないからなのです。こういったものは公認会計士が担当することが常識というような風潮が強いですし、海外進出をする企業も、それは十分に把握しているはずなのです。

ただこれらの方法の他にも、良い海外転職の方法が存在しているかもしれません。こういったものは、海外転職に特化している転職支援サービスサイトを利用して、キャリアコンサルタントに相談をしてみることが一番の方法でしょう。税理士として海外転職をする方法を提案してくれるでしょうし、もしも前述にある通り、その道が険しい場合には、今までの職歴を活かしたキャリアチェンジも提案してくれるでしょう。

海外の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 海外求人サイトランキング【※海外で働きたい方必見のサイト】 All Rights Reserved.